ページの先頭です。

new 実数入りデータを見るなら「BCNランキング-PRO」有料版

「誰もやらないのなら、自分で」と会計ソフトを開発――和田成史さん(オービックビジネスコンサルタント代表取締役社長)

2009/04/20 15:00

「誰もやらないのなら、自分で」と会計ソフトを開発――和田成史さん(オービックビジネスコンサルタント代表取締役社長)


人ありて、我あり【奥田喜久男】

<1000分の第39回>


 私と和田社長との出会いは、週刊BCNの創刊前夜であった。お互いに会社を立ち上げたばかりの頃だ。そして、1981年10月15日付創刊号の1面に掲載したのは、OBCのソフト開発のニュースだった。その後、取材先として、また広告クライアントとして30年近くのおつき合いが続いていることを考えると、いささか感慨深い。あらためて、草創期当時の思いから今後の展望に至るまでのお話をうかがった。【取材:2009年3月26日、オービックビジネスコンサルタント本社にて】

※編注:文中の企業名は敬称を省略しました。

●会計ソフトをもっと安いものにして普及させたい

 奥田 和田さんとはじめてお会いしたのは、オービックが新宿支店を開設したときのことだと記憶しています。

 和田 ええ、たしか1981年の6月か7月ですね。システムインテグレータのオービックが新宿支店をオープンしたときに、その隣りのオフィスでオービックビジネスコンサルタント(OBC)の事業を始めようと準備をしていたんです。そこで、第1号のソフトを出すという話を取材をしていただき、創刊号に載ったという経緯ですね。開発に着手したのが5月で完成したのが9月ですから、まさに開発真っ只中の時期だったわけです。

 奥田 ところで和田さんは公認会計士の資格をお持ちですが、なぜソフトウェアに着目されたのですか。

 和田 当時、オフコンの会計ソフトは1000万円以上するものがほとんどでした。安くても800万円程度。もっと安くなれば普及するだろうと思ったことが始まりですね。

 自分自身、公認会計士試験に受かって間もない頃ですから、そんなに大きな金額の投資はできません。そこで、150万~200万円程度のソフトがないかと探したのですが、残念ながらありませんでした。それならば、パソコン(PC)が出てきたときにこのPCで会計ソフトを作ろうと決心したというわけです。

 PC用の会計ソフトを出せば、自分自身の仕事に役立つし、大勢のお客様のニーズを満たすことができる。そして、実はこの段階でどれだけ必要とされているかというイメージが湧いていたんです。

 奥田 公認会計士の先生で、当時、そこまで考える人はいなかったんじゃないですか。

 和田 そうですね、そういう方がいないだけに自分がやらなければという気持ちでした。当時、他社の会計ソフトはすべて専用機のものでしたから、安価なPCに載せて普及させることに賭けて、挑戦を始めたんです。

 奥田 当時から起業家精神は旺盛だったのですね。

 和田 ええ、昔から会社を作って社会に貢献したいと考えていました。そして、人に喜ばれることをしたいという気持ちや、無から有を生み出すモノづくりの精神は旺盛でしたね。学生時代から、起業するというよりも、仕事を通じて社会に貢献するという意識が強かったです。

 奥田 そううかがうと、公認会計士も社会貢献の意味合いが強い仕事ですね。ところで、なぜ公認会計士になろうとお考えになったのですか。

 和田 もともと数字が好きだったということがあるでしょうね。大学は文系の学部に通っていたのですが、公認会計士の仕事が社会に根づきはじめた頃だったので、周囲にもこの資格を目指す人が増えていたのです。そこで私も興味を持ち、大学3年生の夏から専門学校に通い、2年半ほどで合格することができました。

 奥田 それは大変に優秀ですね。

 和田 いや、運がよかったのでしょう。でも、当時の受験生のなかでは最短レベルだったと思います。

 奥田 数字が好きということは、数学が得意だったということですか。

 和田 そうですね。高校時代、自分は理系の人間だと思っていました。学部の選択にあたっては、理系に進んで将来は製造業に携わろうと考えていたのですが、文系で公認会計士を目指す道もあると兄に教えられ、経済学部を選んだのです。

 奥田 すごい! 高校時代からしっかりとした目的意識を持っておられたのですね。

 和田 大学を卒業したのは1975年3月ですが、第1次オイルショックの直後で、昨今のような内定取り消しがもっと当たり前のように行なわれていた時代でした。そんな時期、私は卒業後1年で二次試験に合格し、その後は会計士補として2年間の実務と1年の研修期間を経て、公認会計士登録をしたというわけです。

 会計士補の時期は、ほとんどの人が監査法人に勤めるのですが、私は専門学校で二次試験の受験指導をしながらコンサルタントの仕事をし、さらに監査法人でアルバイトをするという三足のわらじを履いていました。教育・コンサル・監査と、まったく違う分野の仕事を同時にこなしていたんです。この3年間で得た収入が、OBCの開業資金になりました。

●オービックとの出会い

 奥田 なるほど、そういういきさつがあったのですか。そして、オービックの創業者である野田順弘さん(オービック会長兼社長、OBC会長)と出会うわけですね。

 和田 私がコンサルティングの仕事、いまでいうITコーディネータの仕事をしているときに、野田が三菱電機の人と一緒にうちへ売り込みにきたのが出会いのきっかけでした。1977~78年頃のことです。

 奥田 オービックが大阪から東京に進出した時期で、企業規模もまだ小さかった頃ですね。

 和田 ええ、おそらく従業員数は200名程度だったと思います。この売り込みが縁でOBCを立ち上げることになるのですが、私自身はITコーディネートを行なうコンサルティング会社を立ち上げようと考えていました。「オービックビジネスコンサルタント」という社名はそのなごりで、このとき、コンサルティングからPC用の会計パッケージソフト開発に方向を転換したということなんです。

 奥田 コンサルティングといえば、和田さんは、人を教え導くという意識が強いように感じます。

 和田 そうですね。教えることは好きですね。会計士補のときにも教育に関わりましたし…。

●過去5回の大きな苦労

 奥田 ところで、OBCの最初の製品は何でしたか。

 和田 第一号は、「プランナーエイト」という、沖電気のパソコンif800モデル30向けに開発したソフトです。沖電気への販売金額は8600万円でした。そのお金を会計ソフトの開発資金にしたのですが、その資金がちょうど尽きたところで製品が完成しました。この会計ソフトの売り上げで、ようやく資金が回るようになったんです。

 奥田 当時はどのようなチャネルで、会計ソフトを販売していたのですか。

 和田 最初は直接販売です。モデル30を使っているお客様に売り込むわけですね。そしてPCのショップ(販売代理店)ができてくると、そこを通じての販売が多くなりました。その後、秋葉原でラオックスをはじめとする家電量販店がPCを扱い始めてからは、そちらの比重が大きくなってきたわけです。

 そして、当社の会計ソフトも、1990年のNEC9800シリーズ、95年のWindows、2000年以降のインターネットと、業界の活性化とともに成長してきたといえます。

 奥田 こうして振り返ると、時代の流れにうまく乗ってこられて順風満帆のように見えますが、つまずいたことはないのですか。

 和田 つまずきというか、大きな苦労は5回ありました。まず、創業の頃のお金の苦労。いまお話ししたように、初めのうちは資金繰りが大変でした。その次が、人の苦労。会社が大きくなる過程でいろいろな人が集まって、ぐちゃぐちゃの状態になるわけですが、その「集団」を「組織」に変えていくために、採用も含めていろいろな苦労がありました。

 3つめは、モノの苦労です。モノづくりをする開発メーカーですから、スーパー開発者が一人でつくる体制から、標準化・規格化することで組織的に開発する体制に変革するのに腐心しましたね。

 4つめは、2001年のITバブルの崩壊。このとき、すべてがウェブに取って代わられ、あのマイクロソフトですら消滅するのではないかといわれたのです。マイクロソフトがなくなるということは、OBCも消えてなくなるということ。もちろん、心中穏やかではありません。それに加え、当時、ウェブ会計システムをつくろうとしている会社が200社ほどあり、その動向も気になりました。

 奥田 たしかに大変な状況でしたね。

 和田 ええ、このときはほぼ1年間、眠れず、食べられず、髪の毛が抜けるほど悩みに悩み抜きました。そして悩みきった末の結論は「お客様は、必ずWindowsを選ぶに違いない」ということでした。結局、私は出口なき道を探していたんですね。お客様の立場になって考えれば、こんなに使い勝手がよいものを手放すはずがありません。ウェブ会計にいくのは構いませんが、速度は遅く、使い勝手は悪くなり、リスクも高くなります。お客様は、あえて不便になる選択はしないでしょう。

 人間というものは、「理論的にこうなるだろう」というところを目指すわけですが、変化はお客様にとってのコストパフォーマンスがよくなるから起こるのであって、業界の思惑だけでは流れは変わりません。だからITバブルが崩壊したんです。つまり思惑の部分だけが崩壊し、お客様を満足させたところは成長を続けた。そのことに1年かかって私はようやく気づいたというわけです。

 そして5つめは、今回の世界同時不況ですね。

 奥田 それが5回目ですか。じゃあ、8年くらいは平穏だったと(笑)。

 和田 ええ、その間はそれほど強烈な悩みはなかったということですね。

 でもリーマン・ショックとともに、NGN(次世代ネットワーク)などの新しい波もやってきました。それが業界の将来をどう変えるかはわかりませんが、経営的には原点回帰で創業の精神に戻り、丁寧にゆっくりとお客様満足度を高めて、一所懸命に努力していけば道は開けるだろうと思っています。

●SaaSにどのように対応するか

 奥田 SaaS(Software as a Service)というのも新しい波といえると思いますが、和田さんはこれをどう捉えていますか。

 和田 この流れについては、新しい社会構造の構築に匹敵する変化といえると思います。ですから1年、2年という短期間での変化ではなく、10年、15年という尺度で見るべきものでしょう。PCも1985~86年頃のスタートですから、25年ほど経っている。インターネットも1993年のスタートですからもう15年。すると、「汎用機の集中からPCの分散へ」「インターネットの集中から今後のクラウドへの展開」というのと同様のスケールで、構造的にゆっくり変わるものと考えています。

 奥田 会社としては、具体的にどのような手を打っているのでしょう。

 和田 経済産業省の中小企業IT化(J-SaaS)に参画していますので、まずはこれが第一歩というところですね。

 奥田 J-SaaSは「官」主導のプロジェクトですが、うまくいきそうですか。

 和田 うまくいくと思います。経産省主導とはいえ、中身は「民」主導になると私は見ています。規制はできる限り除外するというコンセンサスもできつつあります。

 奥田 システムというものは小さく開発しても、バージョンアップを重ねると大きなものになっていってしまうというのが常で、そこにダウンサイズした新商品を投入することが多いと思いますが、OBCの製品ラインナップを見ると、その小さなところが薄いように思えます。もっと安価なものをという声にはどう対応していかれるのでしょうか。

 和田 そこの部分こそが、SaaSで対応しようと考えているところです。いままでとは異なる、別途の商品をSaaS用に開発するということです。

 奥田 それは楽しみですが、何年先をめどにしているのですか。

 和田 かなり大がかりな投資が必要ですが、2、3年先ですね。おそらく、3年か4年で新しいSaaSの流れができてくるでしょうね。

 奥田 その開発にあたっては、ライバルはこれまでと同様、パッケージメーカーになるのでしょうか。私は、これまでの業界地図が一気に塗り変わるような気がしてならないのですが……。

 和田 おっしゃる通り、それに加えて、ネット系の企業や海外の会社も参入してくると思います。それで、お客様がどんな選択をするかということですね。

 奥田 会計そのものが変わるわけではないとすると、どの部分を変えていけば次世代のステージで成長できるのでしょうか。

 和田 MS-DOSからWindowsになったとき、GUI(グラフィカルユーザインターフェース)が加わって操作性が変わりました。今度は、通信ネットワークがNGNに変わります。すると、通信ネットワークというインフラに乗る会計ソフトとは何かと考えることになるでしょう。

 数ある会計ソフトからお客様は何を基準に選ぶかといえば、操作性がよく、違和感なく心地よく使えるものであるかどうかであると、私は考えています。いわばクルマと同じです。その部分はSaaSであっても同じだと思います。

 ただ、その選択基準は単純であっても、心地よく使えるようにつくることはとてもむずかしいのです。ですから、奉行シリーズのユーザーが他社のソフトに乗り換えても、その心地よさが感じられなければストレスがたまることになり、結局、奉行シリーズに戻ってきたりするわけです。

 奥田 これからも会計分野をメインに展開されるのですか。

 和田 選択と集中の時代ですから、会計・人事・給与という強みを武器として特化していきます。それはこれまでと変わりません。

 OBCがこれまで30年間やってきたコアコンピタンスは5つあります。1つは中堅・中小企業にフォーカスすること、2つめは業種ではなく業務にフォーカスすること、3つめはマイクロソフトの技術にフォーカスすること、4つめはパートナー戦略、5つめはパートナー支援です。

 この5つの柱はこれまでぶれることはありませんでしたし、今後も変えることはありません。そして目標は2つ。お客様満足度ナンバーワンとパートナー満足度ナンバーワンを目指しています。

 もう1つ、30年間変わらず大切にしてきたものに経営理念があります。それは、オープン・フェア・グローバルという3つのコンセプトです。

 奥田 それは、まさにいまの時代のコンセプトですね。

 和田 このようなコアコンピタンスや経営理念を含め、経営者としての私に大きな影響を与えたのは会長の野田ですが、出会って30年以上経ったいまでもいろいろと教えられますね。彼は、いまのような経済的に厳しい時期にあっても社員教育だけには力を入れなさいと、事あるごとに口を酸っぱくして言っています。選択と集中、採用と教育の強化というその考えは、オービックだけでなくOBCにもしっかりと浸透しています。

 奥田 師匠の野田さんも考え方にぶれがありませんね。

 和田 私自身、野田から30年間で100回はお叱りを受けています(笑)。

 奥田 お互いに創業者として30年近く経営に携わってきたわけですが、この不況をはじめとして艱難辛苦のネタは尽きませんね。いつ社長業から身を引くことができるかはわかりませんが、身体にむち打って頑張りましょう(笑)。


■プロフィール

和田 成史(わだ しげふみ)

 1952年8月、東京生まれ。75年3月、立教大学経済学部卒業。76年10月、大原簿記学校会計士課勤務。79年12月同校を退職。80年3月に公認会計士登録、6月に税理士登録。同年12月、オービックビジネスコンサルタント(OBC)を設立、代表取締役社長に就任。社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)会長、経済産業省産業構造審議会ソフトウェア小委員会委員、社団法人日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)理事、社団法人経済同友会幹事などを務める。


※初出:「WebBCN」2009年4月20日
BCN調査レポートのご案内
【会員限定】市場分析レポート
「BCN AWARD 2015」発表~2014年の年間No.1メーカー決定~

お知らせ

一覧

  • PC・デジタル家電有料データサービスのご案内
過去1時間に読まれた人気のIT関連用語

ページトップへ

実売・市況・ランキング BCNマーケティング