ページの先頭です。

new 実数入りデータを見るなら「BCNランキング-PRO」有料版

【BCN調査レポート】「格安スマホ」利用者に関する調査報告書

2014/11/17 12:40

 これまで大手通信キャリアは、端末の種類や料金・サービスで激しい競争を繰り広げてきました。しかし、最近では差別化を打ち出しにくくなる一方で、通信料金は徐々に低下傾向にあるとはいえ、海外と比較すると依然として割高感は拭えない状況にあります。そうしたなかで、最近注目を集めるようになったのが、「格安スマートフォン」(格安スマホ)です。今回は、仮想移動体通信事業者(MVNO)ユーザーが対象となる「格安スマホ」(本体+格安SIM)と、カード単体となる「格安SIM」利用者に対して、購入動機や購入経路、満足点・不満点などを調査する一方で、一般スマホや携帯電話を利用する移動体通信事業者(MNO)ユーザーのMVNOへの乗り換え意欲などを抽出、分析しました。

調査概要
調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 1,000件
仮想移動体通信事業者(MVNO)と
移動体通信事業者(MNO)ユーザー
調査実施期間 2014年9月20日-24日の5日間
企画 株式会社BCN

価格
レポート(全46頁)+ローデータ 40万円(税抜)

目次
  • 総括

第1章 MVNOユーザー(格安スマホと格安SIM)の意識と利用実態
  • 属性-1 格安スマホと格安SIM利用者(n=400)の全体像
  • 属性-2 格安スマホ(n=138)、格安SIM (n=262)別の利用者像
  • 1-1 契約するMVNOとメーカーとサービス内容、利用機器の組み合わせ
  • 1-2 認知と購入動機 -1-
  • 1-2 認知と購入動機 -2-
  • 1-3 購入先と契約プラン、利用状況 -1-
  • 1-3 購入先と契約プラン、利用状況 -2-
  • 1-4 「格安スマホ」利用で変化した点-自由回答
  • 1-5 「格安SIM」利用で変化した点-自由回答 -1-
  • 1-5 「格安SIM」利用で変化した点-自由回答 -2-
  • 1-6 満足度 -1-
  • 1-6 満足度 -2-
  • 1-7 今後の意向

第2章 MNOユーザーの格安スマホと格安SIMに対する意識と意欲
  • 属性-1 MNO利用者(n=600)の全体像
  • 属性-2 MVNOへの「積極派」(n=121)、「消極派」(n=205)別の利用者像
  • 2-1 MNOユーザーの実態
  • 2-2 満足度 -1-
  • 2-2 満足度 -2-

第3章 全設問の集計結果
  • 属性
  • 3-1 行動志向と語句の理解度
  • 3-2 使いこなし度、利用状況、以前の利用機器
  • 3-3 以前の通信事業者、契約状況、変更理由
  • 3-4 変更する際の検討事項、利用頻度の変化
  • 3-5 利用コンテンツ、利用しているメール機能
  • 3-6 契約期間と利用期間
  • 3-7 満足度
  • 3-8 機器購入時の重視点
  • 3-9 通信料金、支払方法、契約プラン
  • 3-10 通信量と事業者選定時の重視点
  • 3-11 料金に対するコスト意識
  • 3-12 MNO利用者のMVNOに対するイメージ
  • 3-13 MVNO利用者の契約理由、重視点
  • 3-14 MVNO利用者の導入時比較検討した事業者
  • 3-15 MVNO利用者の利用・購入実態
  • 3-16 MVNO利用者の認知とサービス内容、次回の買い替え意向
  • 3-17 MVNO利用者のコスト意識、次回の購入予定チャネル
  • 3-18 通話アプリの認知と利用
  • 3-19 アクセサリの購入状況
  • 3-20 契約する固定回線


ページトップへ

実売・市況・ランキング BCNマーケティング