ページの先頭です。

new 実数入りデータを見るなら「BCNランキング-PRO」有料版

【BCN調査レポート】第2回、格安スマホ利用者調査報告書

2015/06/04 20:33

 大手の通信キャリア(MNO)から回線を借り受けて、低価格でスマートフォンやカード単体となるSIMを展開する通信事業者(MVNO)が増えてきました。格安スマホ/格安SIMと呼ばれる名称も徐々に浸透しつつあります。総務省が端末に使うSIMロック解除の義務化をスタートしたことも、格安スマホ/格安SIMが注目を集める要因のひとつとなりました。  そこで今回は、MVOからMVNOへと乗りかえたスマホユーザー、MNOにとどまるスマホ/携帯ユーザーの意識や満足度、今後の意向などについて分析することとしました。

調査概要
調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 1,000件
スマートフォンまたは携帯電話利用者
割付の実施 (1)MVNOユーザー400人
(2)MNOユーザー600人
MNOについては男女半々、年代でも10-60代それぞれで均等に割り付けています。
これは将来的にMVNOに乗りかえ意欲を抱く層を抽出するため、割付を行っています。
調査実施期間 2015年4月28日から30日までの3日間
企画 株式会社BCN

価格
結果ローデータ+レポートセット 40万円(税抜)

目次
  • 属性 -1
  • 属性 -2
  • 属性 -3
  • 総括

第1章 利用者(MVNO)の価格・サービスに対する重視点と入手経路(n=400)
  • 1-1 MVNOユーザーの属性
  • 1-2 事業者選択時の重視点と月の支払額
  • 1-3 事業者選択時の満足度と重視点
  • 1-4 契約データ通信量と消費データ量の比較
  • 1-5 通信事業者選択理由と認知経路
  • 1-6 SIMカード・スマホ本体の購入チャネルと購入方法、設定方法
  • 1-7 本体買い換え時の購入方法と想定価格

第2章 非利用者(MNO)の認知・理解度、MVNO切り替え意欲(n=600)
  • 2-1 MNOユーザーの属性
  • 2-2 MVNOの認知度と乗り換えのきっかけ
  • 2-3 MVNOへの乗り換えとその際の阻害要因
  • 2-4 キャリアの選定と利用満足度 ? スマホユーザー -
  • 2-5 契約データ通信量と消費データ量 ?スマホユーザー -
  • 2-6 情報入手経路

第3章 全設問の集計結果(n=1000)
  • 3-1 格安スマホ/SIMに関する認知と理解度
  • 3-2 一台前に利用していた携帯/スマホと契約していた通信事業者
  • 3-3 通信事業者の変更とその理由
  • 3-4 通信事業者変更による利用内容の変化 -1
  • 3-4 通信事業者変更による利用内容の変化 -2
  • 3-5 通信事業者変更による利用頻度
  • 3-6 利用メール
  • 3-7 通信事業者との契約期間と事業者選定時に重視する項目
  • 3-8 通信事業者の項目別評価
  • 3-9 利用するスマホの使用期間と購入時に重視した点
  • 3-10 利用するスマホの満足度
  • 3-11 通信事業者への支払い額と契約プラン
  • 3-12 月平均の通信量と支払い額に対する意識
  • 3-13 MNOからMVNOへの乗り換え意欲とその時期
  • 3-14 MVNOへの乗り換えに積極的ながら足踏みする理由
  • 3-15 MVNOへの乗り換えに消極的な理由
  • 3-16 MVNOへの乗り換えで契機となる項目とMVNOとの契約理由
  • 3-17 契約した通信事業者の内訳と契約時に比較検討した通信事業者
  • 3-18 複数の通信事業者との契約による使い分けとカード購入先/申し込み先
  • 3-19 MVNO(通信事業者)を認知するきっかけ
  • 3-20 SIMカードの契約プランと買い換え意向
  • 3-21 生活上の情報源
  • 3-22 回答者の環境と格安スマホ利用


ページトップへ

実売・市況・ランキング BCNマーケティング